投資用マンションとは

投資用マンションとは、賃貸目的で物件を購入することです。
賃貸目的と言ってもマンション一棟を運営するわけではなく、
一室のみを購入して賃貸することができます。
最近ではサラリーマンでもできる手軽な投資手法として注目されています。

 

基本的な仕組みは、賃貸で得た家賃収入でローンを支払っていくスタイルです。
家賃収入とローンに差額が生じれば、その分が自分の利益となります。
ローンを完済した後は、家賃収入がそのまま自分の利益となることもメリットです。

 

購入時は頭金が必要になりますが、一室のみの投資ならば少額から始められます。
頭金を多く支払えばローン返済額が少なくなるため、家賃収入による収益性も高くなります。
ただし、頭金を多く支払うと自己資金比率が高くなり、相応にリスクが高まることを覚えておきましょう。

 

投資用マンションは評価額が上がった時点で売却することもできます。
売却の際は購入資金だけではなく金利分も含めて考慮する必要がありますので、
収益がプラスになるラインを見極めることが大切です。

 

値上がりしたからといって安易に売却してしまうと、
ローン金利との相殺で手元に収益が残らない可能性があります。

 

投資用マンションは一般的なマンション購入とは異なり自分が住むわけではありませんので、
住み心地などよりも賃貸需要を考えて物件を選ぶことになります。

 

つまり家賃収入が途切れないように入居者に住んでもらうことが目的になり、
自分のニーズだけではなく広い視野で物件を選択しましょう。

 

物件を選ぶ難しさはあるものの、投資手法としては初心者でも挑戦しやすいメリットがあります。
少額の自己資金から始められるため、副収入を望むサラリーマンにもオススメです。